令和3年度 誠佑記念 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - - 22 92 178 332 349 116
当院は「信頼される確かな医療と心温まる患者サービス」を理念として、循環器内科と心臓血管外科といった心疾患を中心に消化器科、内科(血液透析科)、外科の診療を行っております。
当院の患者割合は60歳以上が多く、 高年齢区分に患者数が偏っているのは心疾患治療を中心としている当院の特徴となります。

なお、件数が10件に満たない年齢区分は集計区分条件の規定により-(ハイフン)としています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置1なし、1.2あり 手術・処置2なし 182 5.13 4.36 1% 70.87
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患、手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 134 3.83 3.06 1% 70.67
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 114 20.37 17.35 3.5% 82.12
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし 1.3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 79 11.32 10.24 0% 81.71
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む)、再発性心筋梗塞 その他手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 53 15.66 11.87 0.02% 69.49
循環器内科では主に虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症など)、不整脈(心房粗動、上室頻拍、洞不全症候群、房室ブロックなど)、心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症など)、それらに関連する心不全などの診療を行っています。虚血性心疾患に対するカテーテル治療件数と徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療件数は、和歌山県下では良好な成績を修めており、和歌山県では限られた施設でしか行われていない不整脈に対するカテーテル治療(アブレーション治療)、その他に両心室ペースメーカー、植込型除細動器の手術を実施しています。
当院では心臓血管外科を併設し、内科と外科の両面から患者さんに最も適切な治療を選択できる体制で治療にあたっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2 1あり 10 30.5 21.93 0% 69.7
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
心臓血管外科では主に内科治療では困難である重症疾患の患者様に外科治療(冠動脈のバイパス術をはじめ、弁の形成・置換術、動脈瘤の手術等)を実施しています。本年度から下肢静脈瘤の手術を開始しました。
件数が10件に満たない区分は集計区分条件の規定により-(ハイフン)としています。
血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等2なし 42 3.5 11.84 2% 73.76
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
血液透析科では主に慢性腎不全に対する維持透析に関連した疾患の治療を行っています。入院の多くは透析シャント狭窄・閉塞へのカテーテル治療となっています。
件数が10件に満たない区分は集計区分条件の規定により-(ハイフン)としています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
全項目において集計対象となる患者数(10人以上)に満たない結果となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 21 20.52 85.83
重症 3 14.3 87
超重症 - - -
不明 - - -
重症度の定義について
・市中肺炎とは「在宅で通常の社会生活をおくっている人に発症する肺炎」です。
・重症度はA-DROPスコアを用い、軽傷~超重傷の4段階で表記。
A-DROPスコア(5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点)
男性70歳以上、女性75歳以上
BUN21mg/DL以上または脱水あり
SpO2≦90%(PaO2 60Torr以下)
意識障害あり
収縮期血圧 90mmHg以下

軽傷:0点
中等症:1~2点
重症:3点 ただし意識障害(ショック)であれば1点でも重症
超重傷:4~5点
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 5 24.2 84.6 0%
その他 2 43.5 59.5 0%
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 159 2.25 4.95 1% 71.3
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 48 0 17.23 4.2% 69.04
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 48 0.15 9.03 2.1% 73.21
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 48 2.89 12.44 2.1% 80.27
K597-2 ペースメーカー交換術 40 1.33 9.35 0% 84
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 18 10.35 28.53 0% 70.22
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
件数が10件に満たない区分は集計区分条件の規定により-(ハイフン)としています。
血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 36 0.54 3.56 5.6% 73.22
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回実施後、3カ月以内) 14 0.34 2.93 0% 76.29
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
件数が10件に満たない区分は集計区分条件の規定により-(ハイフン)としています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 2 0.18%
異なる 3 0.27%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 59 5.35%
異なる - -
更新履歴